院長ご挨拶

 
   
 張 輝(ちょう き)中医医師
中医健康Salon代表。
来日25年、延べ4万人以上を施術し、
多くの方の体質改善に関わる。
教育を重視し、20年以上に渡り複数の
中医薬大学日本校の講師を務め、
指導した生徒は1,000人超。
ヴィーガン・ベジタリアン歴21年
 

担当:推拿、漢方相談、未病ドック

出勤日:月・火・水・木・土曜日

北京京華医科大学卒
元日本医科大学付属病院客員研究員
一般社団法人 中医健康アカデミー校長
黒竜江中医薬大学日本校講師
北京中医薬大学東方学院客員教授
 
  
みなさん、こんにちは!
中医健康サロン院長の張 輝(ちょう き)です。
 
「積労成疾」-疲れが溜まると病が生じる。
病気の予防と回復には、すでに積み重なった疲れを取り除き、
その原因となる生活習慣を改善して内在の自然治癒力を
高めることが必要です。
 
「労(疲れ)」には、
食労」「身労」「心労」の三種類があります。
 
1.「食労」とは、暴飲暴食や肉食中心の飲食習慣が内臓の
                            エネルギーを無駄に消耗し、消化・吸収・
                            排泄に関わる様々な臓器に慢性的な疲れが
                            蓄積している状態。
 
 
2.「身労」とは、重労働や過度な運動、睡眠不足等によって
                            慢性的な疲労が蓄積している状態。
 
 
3.「心労」とは、様々なストレスを長期間抱えることにより、
         内臓のエネルギーの流れが阻害されている
                           状態。
 
 
            心身共に滞りのない健康な身体づくりの
                 お手伝いをさせていただきます。
 
 
 

プロフィール

 

張輝(ちょうき)
 
1992.7北京京華医科大学針灸推拿骨傷学部卒
1992.11来日
1993.10国立北京中医薬大学日本校 講師
1994.4日本医科大学客員研究員
1994.4~2007.3株)しぜん健康センター 勤務
1994.7~1995.7日本橋高島屋会員クラブにて健康教室開催
1995.10~1996.10渋谷区恵比寿社会教育会館にて東洋医学講座講義
1997.10~現在国立黒龍江中医薬大学日本校 講師
1996.5~1998.5東京都庁第二庁舎体育館にて中医学講演及び実技指導
1997.5~1999.8
雑誌《Hanko,caz,Tokyo Walker,女性セブン等》、
単行本《特集アスペクト43 カラダがほぐれる本》掲載
2001.12宝島別冊《あした元気になれるツボの本》掲載
2002.1~現在中華中医薬学会養生康復委員会海外常務委員 就任
2004.3TBS BSi《中国四千年の元気 医学気功師 張輝》出演
2006.7~2009.12まで月刊《karna》掲載
2007.5株式会社 天行健 設立、中医健康Salon 開業
2014.2中国国立北京中医薬大学東方学院客員教授 就任
2015.3
『中医行気推拿学』、『家庭実用行気推拿学』、
『中医未病学』、『セルフケアテキスト』出版
2015.4中医健康アカデミー 開校、学校長就任
2018.3
医心漢方堂 開業
2018.9

雑誌《Veggy vol.60》掲載

2018.10

本草薬膳学院中医気功学 講師

免許・資格

中国中医医師免許(北京市衛生局登録)


  
  
  
  
  
  
  
  
  
  






 


〒162-0067 
東京都新宿区富久町3-6
 グランヴィスタ外苑 D
 
TEL:03-5368-0786
       03-5368-0787
 
都営新宿線 曙橋駅                 
A2出口より徒歩6分
 
東京メトロ丸の内線 四谷3丁目駅 
 2番出口より徒歩10分
                     


  診療時間


診療時間】※完全予約制
 月~木曜日・土曜日
 午前10:00~午後8:00
 (最終受付:午後7:00)
 

【休診日】
 金曜日/日曜日